悠々紀行 in VIRGINIA
悠々紀行(カリフォルニア)から移転しました。                                             『四季』の美しい、緑豊かなバージニアからの便りです。 
Profile

じゅり

Author:じゅり

2005年11月、カリフォルニアからバージニアに移りました。ここは私達家族にとって未開の地。
楽しいことや美味しいこと、たくさん見つけてみたいと思います。

Calender

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

What's NEW

Archive

Classification

Comments

Track Back

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Links

このブログをリンクに追加する

Search...

RSS Fields

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

National Aquarium in D.C.
03月04日(日)

うっき~と2人きりの休日です。 
お天気もいいのでワシントンD.C.の水族館へ行ってきました。
外に出たら木枯らしびゅ~びゅ~で寒かったぁ。。。

2007_03_04_01.jpg


The National Aquarium in Washington D.C.
Commerce Building, Room B-077
14th & Constitution Avenue, NW
Washington, DC 20230


官庁ビルの立ち並ぶ街中の、ビルの地下にある水族館はどう見ても
小規模だし、マイナー。 今まで何度も前を通ったけど入るのは初めて。

ネットで詳細を見ても所要時間45分、とやっぱり小さい。
期待せずに入ったけど 正面にいきなりワニ。

2007_03_04_02.jpg


水族館大好きなうっき~は倍の1時間半もかけてじっくり水槽に見入ってました。
(興味の無い人は30分もいらないかも・・・)

この後、近くにあロナルド・レーガン・ビルのフードコートでランチして
スミソニアンの自然史博物館でさらに2時間。
一生懸命見てたけど、ちょっとは頭に入ったかな~?




スポンサーサイト
U.S. Holocauset Memorial Museum
02月24日(土)

ワシントンD.C.にあるホロスコースト記念博物館へ行って来ました。

2007_02_24_01.jpg

2007_02_24_-2.jpg

Holocausetとはナチス・ドイツによるユダヤ人大虐殺の事です。
テーマが重いだけに11歳未満の子供の入場はできません。

常設の展示品は言葉で言い表すのが難しい。。。 残虐で人類の歴史の
悲惨さを思わせます。 

館内の写真撮影も禁止。 こんなに寒い日で、しかも冬季の閑散期なのに
博物館に入場するのも早い時間にもかかわらず長蛇の列。

館内見学には入場整理券(無料)が必要なので繁忙期に行かれる方は事前に
ネットで手数料$1.75で入手も可能です。






Baltimore & Ohio Railroad Museum
09月10日(日)

Baltimoreにある鉄道博物館。

2006_09_10_00.jpg

2006_09_10_01.jpg

Baltimore & Ohio Railroad Museum
901 W. Pratt Street
Baltimore, MD 21223
TEL: (410)752-2490

アメリカのSLや初期の電車の展示はもちろん、敷地外の線路を走る本物の
電車に乗れたりもします。(入場料金に含)

2006_09_10_02.jpg

この会社、スゴロクゲームの『モノポリー』にも登場するらしいです。

2006_09_10_03.jpg

アメリカの鉄道の歴史は壮絶なんです。 こんな広い大陸を横断させた
んですから・・・スミソニアンの博物館を日常的に見てるとココは
高いし規模も小さめですが歴史のある会社なので見ておいてもいいかも。



テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

フェルメール@Natinal Gallery of Art
08月27日(日)

久しぶりにNatinal Gallery of Art,Washingtonへ。
小さい子連れで美術鑑賞は落ち着かないので 足が遠のいてしまうのですが
貸し出し中で留守の多いフェルメールの絵があると知って行きました。

2006_08_27_01.jpg

『天秤を持つ女』

生涯で残っている作品数は35のみ、といわれるフェルメール。
彼の傑作とも言われる4作品をこの美術館は所蔵しているのです。
それも無料で開放。 数cmの間近で見られる機会を逃す手はないです!

2006_08_27_03.jpg

『手紙を書く女』

この2点はフェルメール作品の中でも彼の描写の特徴がとてもよく出ていると
されるもの。 光と影の計算や構成の緻密さの完成度はすばらしい・・・と
言うのは説明書の受け売りですが、教科書で見た作品の本物が目の前にある
って単純に感動です*

ヨハネス・フェルメール Johannes Vermeer

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

National Museum of American History
04月29日(土)

久しぶりに博物館へ入りました。 DC界隈には無料で入れる素晴らしい
博物館、美術館が沢山あります。その多くはスミソニアン協会のもので
今日訪れたアメリカ史博物館はそのひとつ。

2006_04_29_01.jpg


館内は自動車や鉄道、バイクに船、とアメリカ開拓をささえた交通網の
紹介から歴代大統領の資料コーナーなどなど。 

我が家にとって記憶に新しいディズニーランドの展示コーナーもありました。

2006_04_29_02.jpg


すっかり暖かくなってワシントンDCも観光シーズンを迎えたみたい。
人も車も、観光バスも多くて寂しかった冬の光景がウソの様です。



テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。